女性用の競泳水着と、スイムウェアパットについてお話しします。健康やダイエットを考えて水泳を始める人が多くいます。水泳には、水着が必要となるのですが、その際、競泳水着を選ばれるとよいでしょう。競泳水着には高速で泳ぐための技術が施されています。もちろん、練習や水中の中で行なうエクササイズ向けの水着もあります。そんな水着の中に、スイムウェアパットがもともと、付いているものもありますが、競泳することを目的につくられた水着は、最初からついておらずに別販売されているものが多いです。

競泳用の水着とは

泳ぐため必要な機能、パフォーマンスをあげるための工夫が施された水泳専用の水着です。それには、速く泳げることや、水から受ける抵抗を少なくするといった特徴があります。成績が重視されて、競い合うスポーツであるため、とても考えつくされたものとなっています。

 

ちかさん(@ck3miracles)がシェアした投稿

競泳水着を選ぶときのポイント

水泳に本格的にとり組むことが初めての人から、プロのために考えられたものまで3種類のタイプのものがあります。自分の今のスキルと、これからどのように水泳を続けていくのか、そのようなところから自分にあった水着を選ぶようにしましょう。

競泳水着3種類

1) フィットネス用:水の中で動きやすい。動きやすさ重視。シンプルデザイン。体系をカバーしやすい。

2) 水泳練習用:着用しやすい。裾の長さは、ハイカット・ミドルカット・ハーフスーツと3種類ある。本格的な水着と比べて脱ぎ着がしやすい

3) 大会出場用:タイムを競い合うことを目的につくられている。そのため、締め付けも多く脱ぎ着が難しい。価格は3タイプの中でもっとも高価である。

水着を選ぶときのサイズは?

試着の時、ついつい、自分の体のジャストサイズを選んでしまいがちですが、ワンサイズ下のサイズを選ぶのが水着選びの基本です。なぜなら、水着は水の中では素材が伸びるため、ワンサイズ下のものを着て、水の中に入るとジャストサイズになるのです。試着の時にジャストサイズのものの場合、水の中にはいると、余った水着の生地が水の抵抗を受けやすくなり、泳いだり動き回ったりするときの邪魔になってしまうのです。選ぶサイズは、水着が乾いた状態で「窮屈目」がよいのです。

インナーの着用が可能なものを選ぶ

競泳水着には、スイムウェアパットなどのインナーはついていないものです。水の抵抗を減らすためにそのようにデザインをされています。そのため、スイムウェアパットが取り付けられるフックがきちんと付いている水着を選びましょう。