スイム(水泳)とは、水の中で泳ぐスポーツです。学校にもスイム(水泳)の授業はありますよね。 しかし、中学生になり、思春期に差し掛かると、心身ともに子供から大人に少しずつ、成長をしていきます。 個人差はあるものの、体にもいろいろな変化が現れる時期。それに気恥ずかしさを感じてしまうのが思春期ですよね。 スイム(水泳)の授業が恥ずかしくて受けられないという子も少なくありません。学校用のスイムウェアは指定をされていることが、多いですが、スクール用でなくても授業は受けられます。 そこでスイムウェア(水着)やパットを購入するとき、何に気を付けたらいいのか、どんなものを選んだらいいのかについて、スイムウェアを長持ちさせる方法について紹介します。

スイムウェア.パットの役割と選び方

スイムウェアパットとは、スイムウェア(水着)の中から、着用するパットのことです。 スイムウェアを選ぶとき、男の子はウエストに合わせて、女の子はバストサイズに合わせて選びますが、学生用は身長を基準で選ぶと、失敗しません。 女の子は、着用面積が広く、身体のラインがはっきりと出やすいので、パットを選ぶときは、バストに合ったものを選んで組み合わせると良いでしょう。 男の子用のパットも、その子の体格に合ったものを選んでください。 パットの役割は、スイムウェアだと、わかりやすい体のラインを隠す役割をしています。 パットの選び方一つでも、スイムウェアの履き心地は、まったく違うものになるので、しっかりその子にあった、スイムウェアを選んであげると集中して授業に取り組めます。

スイムウェアを長持ちさせるための扱い方

スイムウェアの価格は平均で、1.900円~4.000円程度です。 夏の時期にしかないスイムの授業なので、何度も買い替えるよりは、なるべく長持ちさせたいですよね。スイムウェアは、摩擦・塩素・過度な伸縮・熱には弱いので、扱い方には注意をしてください。お洗濯や保管する場合は、まずプールから出たあとに、スイムウェアを軽く水洗いし、脱水したあとは、タオルなどで軽く水気をふき取ります。その後にもう一度、しっかり優しく手洗いをして陰干しで乾くまで干したら、保管します。この工程を、行うだけでもスイムウェアの使用できる期間が伸び、綺麗な状態でスイムウェアを履き続けられます。ぜひ試してみてください!

 

kasumi.sさん(@ksmn1014)がシェアした投稿

まとめ

思春期のスイムウェアでは、学校指定のものや一般で販売されているものなど、着用するものは個人で違います。 一人ひとりに合った、スイムウェア.パットを選ぶことで、気恥ずかしい気持ちやスイムウェアに対する不快感が取り除かれます。 着用後は、丁寧にしっかり手洗いをすることでスイムウェアの使用期間も大幅に変わってくるので大事に扱ってください